loading

産後の体の不調は、開いてしまった骨盤に原因があります!

産後骨盤矯正の重要性

妊娠中から出産後にかけてリラキシンというホルモンが分泌され、筋肉や靭帯が柔らかくなるため、出産に向けて骨盤が開いていきます。そして、出産後数か月して骨盤は自然と自分の筋力で元の位置に戻ろうとします。
しかし、交通機関の発達や利便性の優れた現代社会では、女性の多くは、車、電車、バス、エレベーター、エスカレーターなどを利用することで筋力低下が起こっており、出産後に骨盤が元の状態に戻りきらなくなっています。出産後にそのままにしておくと、骨盤は開いたままの状態で生活することになり、様々な不調が現れてきます。

さらに、出産後は赤ちゃんの抱っこなどの育児や家事で、腰や骨盤に負担が掛かっていますので、早めに骨盤を正しい状態に戻しておく必要があります。出産後は、リラキシンの影響で筋肉や靭帯が柔らかい状態なので、早めに始められることをお勧めします。理想の開始時期としては、出産後2~6カ月以内を目安にしてください。

骨盤が正しい状態でないと・・・

骨盤が開いたり歪んだりしたままの状態だと、腰痛や肩こり、膝痛、便秘、冷え性など体の様々な症状の原因となってしまいます。見た目においては、産後太り、ぽっこりお腹、下半身太り、O脚、肌荒れ、ニキビなどの症状が出てくることがあります。
さらに、骨盤が開いたままだと空洞ができており内臓が下垂し、下腹がぽっこりし内臓の機能が低下します。代謝が落ちるので痩せにくくなる…という結果になり、排泄機能も低下します。身体に溜まった脂肪や老廃物が体外に排出しにくくなり、通常よりも痩せにくくなるというのが産後の骨盤を正しい状態に戻していない方の特徴になります。

産後骨盤矯正の重要性イメージ

骨盤グッズの注意点

骨盤ベルト、チェア、ガードル、ショーツなどでの骨盤を整えるというグッズがあります。産後開き切った骨盤を整えるためにメインで使用するのは、あまりお勧めできません。
大きく開いた骨盤をそれらグッズで整えようとすると骨盤が歪んでしまったり不十分だったり、どこまで整ったのかもわかりません。あくまで、専門家に直接骨盤の開きを把握して施術を行ってもらい、自宅での矯正された骨盤を維持するためのサブアイテムとして使用したほうが効果的です。

個室のご案内

当院では、安心して施術を受けていただくために個室を準備しております。お子様連れで、周りの方に迷惑がかかるからと遠慮されていた方や鍼灸時などで周りが気になるという方もご利用いただけます。

個室は部屋に限りがありますので、事前予約の方が優先となっています。

個室の詳細については、スタッフまでご相談ください。

春日市昇町の整骨院、ダイレックス春日店敷地内!
お気軽にお問い合わせください。
092-558-5036
個室あり、キッズスペース、女性施術者、20時まで受付、予約優先、土曜日曜祝日、駐車場完備、WEBクーポン
受付時間
午前
9:00~12:00
-
午後
15:00~20:00
-